KUBO-Blog’s diary

KUBOの日常の徒然日記

チャーシュー

チャーシューをつくってみました。
美味しくできたので備忘録までに。

豚肩ロース 500g

 

□調味料

100ml

醤油 50ml

料理酒 50ml

辛味噌 適量20g程度

ジャム 適量20g程度

 

01_サラダ油で肉表面を全面炒める

02_圧力鍋に調味料を入れて加圧20min
03_余熱が取れたらジップロックに入れて一昼夜つけ込み
04_ハニーマスタード、ジャムとマスタードを1:1で、つけ汁スプーン1杯加え煮立たせてソースをつくる。
05_チャーシュは食べたい時に湯煎してカットして04のソースをのせて食べる

 

f:id:KUBO-Blog:20210719085609j:plain

チャーシューハニーマスタード

 




玉葱ベーコン→トーストオーブン

実家から玉葱がたくさん届いたので、玉葱ベーコンをつくりました。
シメは残り汁でパスタかと思いましたが、トーストをちぎって並べオーブンで焼いて食べると美味しかったです。

01-新玉を十字に切込みを入れて間にベーコンを入れる

02-オリーブオイル+タイム+塩胡椒をかけてオープンで200℃40min*20minで蓋をとる

03-仕上げオリーブオイルと塩胡椒で完成

04-残りの汁+玉ねぎ少々を細かくちぎって、食パンをちぎって入れる。

05-残り汁の具合でオリーブオイル等を足してマヨネーズとタイムを散らす

06-オーブン200℃ 5minで完成

f:id:KUBO-Blog:20210714162240j:plain

玉葱ベーコン

 

サーモンのたたき

いただき物のサーモン。大量に頂きました。
刺身ではもう飽きてしまい。たたきにしてみました。

f:id:KUBO-Blog:20210608083416j:plain

サーモンのたたき

00-仕込&下味:サーモンの身を真ん中で切込み、中にゆかりを入れてキチンペーパーに巻いて一晩寝かす。

01-フライパンに油をしいて弱火で焼きます。

02-断面の色や下部の焦げ具合を見て、好みの焼き具合にしてください。
*刺身で食べれるものをつかってください。

03-塩胡椒&好みでマヨネーズ醤油にて

戸坂 キャベツ

戸坂のキャベツ。一番好きなお好み焼屋さんです。
帰省すると一回は行きたくなります。

 

キャベツのお好み焼きはあっさりした味ととても軽く、フワフワのレイヤーが重なっている感じです。箸で食べると焼きそばになるかと思います。

f:id:KUBO-Blog:20200630143400j:plain

キャベツ そば肉玉 上ネギ

最近は上ネギをのせてさらにさっぱりした感じで食べるのが好きです。
年ですね。。





小イワシ

イワシ魚の中でおそらく一番好きです。
広島に帰省すると食べたくなります。

f:id:KUBO-Blog:20200630142633j:plain

刺身用小イワシ



まずは刺身でその後に天ぷらを冷酒と共に。

 

f:id:KUBO-Blog:20200630142645j:plain

お刺身




イワシは小さいので手でさきますが、うちの実家では荷物を梱包する平いビニール紐?的なものでさいております。

お気に入り Braun smartcontrol3 4876

愛用のシェーバーが髭を剃っているとヒリヒリするので、刃先を見るとカバーが一部欠けていました。。もう10数年使っているのでしかたないでしょうか。取り急ぎ換えカバーを検索してみると、何とありました!替刃もセットですが。2006年発売らしく14年経っても交換パーツがあるのは、とてとうれしかったです。

 

f:id:H2DO-Archi:20200606153732j:image

f:id:H2DO-Archi:20200606153737j:image

ただし、色がシルバーから黒になっていました。。

 

映画 ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ

ル・コルビュジェとアイリーン 追憶のヴィラを見ました。
E.1027とアイリーングレイ、ジャン・バドヴィッチ、ル・コルビュジェの映画です。

建築の外観と内装、家具の話などがあり、とても面白かったです。

その他の部分では、男性と女性の問題やメディアの問題など色々とフォーカスされており、強く残ったのは男性といういきものは。。といった感想でした。日本も女性総理が早く出ると良いですね。

とにもかくにもE.1027をいつか訪れてみたいですね。

ル・コルビュジェとアイリーン 追憶のヴィラ

E.1027